研究会活動

研究会活動

中小企業診断士のスキル向上の場としてさまざまなテーマを持つ研究会が活動しています。

各研究会には、企業内診断士の皆様も多数参加し、幅広い診断士の交流の場となっています。
現在、本協会には19の研究会が登録されており、それぞれ独自の活動が展開されています。
活動の詳細および各研究会の連絡先については、会員専用ページの「研究会詳細」欄を参照ください。

IT研究会

企業内診断士の会

経営改善研究会

建設業経営研究会

国際化支援研究会

産廃事業研究会

知的資産経営研究会

福祉研究会

街づくり研究会


ものづくり研究会


経営コンサルティング実践研究会


コンサルティング・コーチング研究会


事業承継研究会


新規開設の研究会

事業性評価研究会


休会中

女性経営者支援研究会

埼玉県飲食業研究会


平成29年度以降閉会

農林水産支援研究会

人事制度研究会

産学官連携研究会

IT研究会

活動目的

診断士が、中小企業を支援するのに役立つITの研究・スキルアップを図る

活動内容

  • 活動は、IT研究会での共通テーマと、各メンバーのIT関する興味、経験、疑問等をもとに討議する2段階で開催します。
  • 研究会全員での検討テーマ:中小企業のためのホームページ作成・活用に関する調査・研究
    平成28年度は、埼玉県中小企業診断協会の調査・研究事業として、①県内中小企業ホームページの調査(551社)、②企業活動における有効なホームページ作成・活用、③ホームページ作成・活用の支援手法の開発ということで活動しました。平成29年度は、この調査をさらに発展させる活動などを中心に活動していきます。
  • 個別テーマ:データ解析、IoT、情報セキュリティ、タブレットPOS、生産管理ソフトなど

企業内診断士の会

活動目的

  • 企業内診断士が診断士のネットワークを通じ、勤務している会社と会員のビジネスに役立てる。

活動内容

  • 現在のメンバーは60名
  • 研究会では自社(自分)のビジネスの紹介や提案として会社or業界動向等のプレゼンテーションを1名が行う
  • 終了後、懇親会で情報交換

経営改善研究会

活動目的

  • 事業再生、事業承継、M&A、知的資産経営等をテーマとして、中小企業の経営改善全般について研究を行うことを目的としています

活動内容

現在の活動は、以下の二部構成で行っています。

  • 【第1部】メンバーによる情報交換、ミニセミナー開催、個別テーマへの対応等
  • 【第2部】支援機関等の外部講師を招いてのセミナー開催
    (原則、診断協会オープンセミナーとして開催)

建設業経営研究会

活動目的

  • 埼玉県内及び関東地域の中小建設業に対して、経営の支援を行いその振興を図る。
  • 上記事項の遂行ために、埼玉県中小企業診断協会会員の建設業経営に関する知識やノウハウを身につけ、経営支援の能力向上、強化を図る。

活動内容

  • 建設業関連機関の講師や建設会社経営者の講演
    例)国土交通省関東地方整備局(建政部)、埼玉県県土整備部(建設管理課)、(財)建設業振興基金、埼玉県建設業協会
  • 県協会会員や他協会会員の事例報告、課題研究
  • 土木や建築の現場を見学し、建設生産現場の運営や課題の研究を行う
  • 他都県の診断協会の建設業関係の研究会、診断士との情報交流、意見交換

国際化支援研究会

活動目的

経済のグローバル化やインバウンド需要に伴い、中小企業の海外取引に関する支援ニーズが高まっている。本研究会は、有志の協会メンバーや他士業専門家等が集まり、中小企業の海外展開を支援するための情報交換や勉強会を積み重ねることにより、企業の国際化支援サービスの受託を目指すものとする。国際化支援の経験の有無を問わず、広くメンバーを募り、会員相互の交流を通じて、中小企業の国際化支援の様々なニーズに応えられる知識とスキルの向上を目指すものとする。

活動内容

  • 月例会のミニ研修
  • メンバー有志による海外視察
  • 商工会・商工会議所等支援機関からの海外展開セミナー、相談会、ハンドブック作成等受託
  • 情報交換会(メンバーの海外出張報告、国内外セミナー出席報告等)
  • 他の士業との連携による中小企業の海外展開支援
  • 他地区診断協会国際部との交流

産廃事業研究会

活動目的

  • 中小企業診断士の業務として法定されている唯一の産廃事業許可更新時の
    「財務診断業務」(以下財務診断)のスキルアップ
  • 産廃事業者の経営体質改善

活動内容

  • 財務診断実務を通じ産廃事業者の経営体質改善を図り併せて財務診断のスキルアップを実現する
  • 士業間連携活動等を通じ財務診断の認知度を高め、受注に繋げる
  • 会員相互間の専門知識・ノウハウの開示・交換

知的資産経営研究会

活動目的

  • 知的資産経営の研究により、研究会メンバーのプロコン能力に磨きをかける
  • 知的資産経営の導入による、中小企業の経営力強化と事業性向上を目指す
  • 経産省後援「知的資産経営WEEK」事業に協力し、知的資産経営の普及を図る

活動内容

  • 月1回開催される研究会において、知的資産経営に関する知見を深める
  • 知的資産経営導入と報告書作成を希望する企業に対し、メンバーによる支援を行う
  • 知的資産経営の普及セミナー、「知的資産経営WEEKフォーラム」等を開催する

福祉研究会

活動目的

  • 障害福祉サービス事業所の利用者工賃引上げ支援及び経営改善支援
  • 介護福祉事業所の経営改善支援及び介護福祉事業参入支援
  • その他、福祉分野の事業所支援、参入支援
  • 福祉分野全般についての情報収集等

活動内容

  • 障害者福祉事業所、介護福祉事業所等の経営改善支援等の受注活動
  • 福祉事業所支援事例の研究
  • 福祉分野に関する情報収集及び情報提供
  • 福祉分野の事業所支援のマニュアル策定等

街づくり研究会

活動目的

「中心市街地活性化、商店街活動等に関する研究及び支援活動」を目的に設立。
現在は、「街の活性化のための地域振興事業の方策、施策の検討・研究、提案活動、具体的事案への取組み」にテーマを拡大。時流にマッチした活動推進を目指す。

活動内容

商店街活動・個店の魅力アップ等に関する研究及びセミナーの受託、商店街、観光資源等の視察研修、街づくりに関連する実態調査受託など。

ものづくり研究会

活動目的

【現場に強い実践的診断士を目指す】
①企業に対して的確な診断・指導・支援を行うためのスキルの修得
②会員の切磋琢磨、相互啓発をもとに、そのスキル向上を目指す

  • 企業を指導・支援する際、現場を知る事が第一歩です。現場を見て何が問題で、何が必要か等を判断出来なければ、何事も進みません。
  • ものづくり研究会は、常に謙虚な姿勢で探究心を持ち、現場に強い診断士を目指しています。
  • 診断士として必要なスキルの修得と合わせて、会員間の和を通して、コンサルタントとして役に立つ、幅広い人間関係を作り上げる努力をしております。
  • また、時代の趨勢に後れを取らないため、工場見学、会員による今日的課題の勉強会なども適宜実施し”実践的知識の吸収”に努めています。

活動内容

    現在、会員26名で、その構成は、30歳~80歳代、男性と女性、製造業から非製造業、企業内診断士から会社顧問や独立コンサルタントと多岐にわたり、色々な見方での意見が交わされます。活動の進め方はテーマを決めて、各人が役割を持ち、必要に応じチームを編成し、チームメンバーらの打合せや、1回/月の全体会合などで意見交換し研究会として、まとめを行っております。

経営コンサルティング実践研究会

活動目的

  • 中小企業経営者へのヒアリング、コミュニケーションを通して、企業の課題の抽出と経営支援ロジックの構築、提言に関する諸研究・実践等

活動内容

  • 実践=中小企業経営者へのヒアリング
  • 座学=経営に関する広範な知識やロジックの習得
  • 提言内容が評価された場合、実務従事ポイントを付与

コンサルティング・コーチング研究会

活動目的

クライアントの気づきやアイデアを引き出し行動変容につなげるコーチングスキルとコンサルティングスキルの融合により、より実効性のあるサポートができるコンサルティング・コーチングの可能性を研究し、今後の診断業務に活かすことを目的とする

活動内容

  • コンサルティングプロセスに沿ったコーチング活用の研究
  • コーチングの理解
  • コンサルティング・コーチング理論の構築と発表

事業承継研究会

活動目的

  • 事業承継を必要とする企業へ中小企業診断士として的確な業務の遂行ができるようになるため、事業承継に関わる研究を行なう
  • 実際の支援のためのスタンダードツールを確立する

活動内容

  • 事業承継に関する制度の理解やスキル習得
  • 外部講師を招聘してセミナー開催
  • 会員相互による研究発表と情報交換

事業性評価研究会

活動目的

  • 事業性評価のプロフェッショナル集団となって、中小企業や地域金融機関の支援を通じて地域経済の発展に貢献する
  • 対外的な情報発信や支援業務を通じ、診断協会の対外活動強化及び財政基盤強化に貢献していく

活動内容

  • 金融機関業界動向の情報共有や審査・与信判断などの勉強会
  • 事業性評価の成功事例研究などの調査研究事業
  • 書籍出版などによる情報発信
  • 事業計画策定など実務案件の営業・受注活動
  • その他

女性経営者支援研究会

活動目的

  • 会員の女性経営者支援に関する知見の深化と研究、およびスキルアップを目指すとともに、会員間の親睦に資すること
  • 女性経営者に特有の問題点、課題、悩みをヒヤリングしながら理解する
  • 女性経営者企業の情報分析、成功分析を行い、支援スキルの向上を図る
  • 女性経営者のビジネス発展のための支援を行う
  • 女性経営者支援の支援者や支援機関のサポートを行う
  • これらの支援ご有無を通じ、県協会の対外活動強化および財政基盤強化に貢献する

活動内容

毎月1度、第2火曜日夜に、武蔵浦和コミュニティセンターや浦和コミュニティセンターを中心に定例会を開催しています。女性活躍推進法の施行など、女性経営者ならびに女性従業員に活躍の場は広がっています。その中で、女性経営者等の支援の必要性もさけばれるようになってきました。そこで、女性経営者の研究、女性経営者の支援の方法研究、実際の女性経営者の支援を統合的に進めています。

埼玉県飲食業研究会

活動目的

会員相互の交流を通じて、中小飲食業が抱える多岐にわたる各種支援ニーズに応じ得る知識とスキルの向上。

活動内容

  • 飲食業が抱えるマクロ的課題に関する調査・研究
  • 会員によるQSCA調査をまずは実施し、支援スキルの向上を図る
  • 農畜水産業との連携へ向けたネットワーク構築機会の探索
    ・国、県、地方自治体の農商工連携等の支援機関窓口訪問・情報収集
    ・6次産業化サポートセンターとの連携

農林水産業支援研究会

活動目的

当診断協会は、2012年度から2年続けて農林水産省関東農政局から委託を受けた6次産業化サポートセンターの業務を行ってきました。農林水産業支援研究会は、サポートセンターの業務の範囲を超える支援を農林漁業者に対して行うことと、そのために必要な調査・研究等を企画し実施することを目的として立ち上げられました。

活動内容

  • 農林水産業に関する調査・研究
  • 支援業務の深耕
  • その他の農林漁業の経営支援に関するすべての事項。

人事制度研究会

活動目的

人事制度等に関する調査研究を行うことにより、人事制度等に関する知識やノウハウを取得するとともに、知識とスキルの向上。

活動内容

  • 人事制度等に係る調査研究
  • 人事制度等に関連する最新動向の情報収集及び研究
  • 人事制度等の運用状況に関する調査研究
  • 人事制度等に関するコンサルティング手法の調査研究
  • 人事制度等に関する出版物の調査研究
  • 人事制度等に関する他士業との情報・意見交換
  • その他中小企業等の支援に関する研究活動

産学官連携研究会

活動目的

経営資源に限りのある中小企業にとって、自らが持続的に成長してくための水平的ネットワークが一層重要になっている。最近では、中小企業の間でも、主に研究開発活動を行っていく上で、大学や公設試験研究機関との産学官連携が浸透してきている。中小企業が中小企業診断士に期待する役割として、経営資源の補完に対する期待も大きい。 そこで、中小企業の期待に応えるための能力を身につけるために、中小企業の産学官連携に関する調査・研究を実施し、会員個々がスキルアップを図る機会を提供する。

活動内容

  • 産学官連携の現状、取組、事例などの調査・研究
  • 産学官連携における問題点・課題の抽出
  • 産学官連携における中小企業診断士の役割の考察・検討
  • 上記活動を通じた診断スキル、コンサルティングスキルの習得
Copyright© 2016 埼玉県中小企業診断協会 All Rights Reserved.